ミニ腰鉈75両刃 白鋼 c04cdwepa82325-その他

他のブランドもそうなのかもしれないですけど
ポリネシアの神話で地球上最初の人間を表したティキがグラスに浮かび上がる
BVLGARIにはサークルタイプのロゴのデザインもあり

「BBフラグメント」トートバッグ カーフ/ヌードクウォーツ 本体H36cm ¥180 アウトドア 野外 用品 SAFARI オペラグラス 3X25 SA-56FF-L [LED付] O044

世にも奇妙なブレグジット物語4 ~合意なき離脱が確定した~

12月20日、英国でEU離脱関連法案の1回目の採決が行われ賛成多数で可決されました。これを受け、ついに「合意なき離脱」がほぼ確定しました。

・・・え? なんかおかしいこと言っていますかね?

これは予測でも物語でもないですよ。いくら嫌だと言っても、現実としてそれは確定してしまったのです。私はこれまで「2019年中に欧州にとんでもないことが起こる」と書いてきました。それがこれだと言ったら、大半の人は怒って読むのを止めるでしょうけど(笑)、ただ今回イギリス政界に起きたことはまさに、とてつもない事件だ、ということに疑いの余地はありません。

一体そこで何が起きたのか?

今回はそれをお教えします。

続きを読む

10000円以上送料無料 チェコ軍放出 モーターサイクルカバーオール CC033NN L相当 【 デットストック 】 【 未使用 】 ホビー・エトセトラ ミリタリー ウェア レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント

イギリス総選挙が終わりましたね。結果は保守党の大勝利で当ブログの予想は大外れとなりました。実は選挙予想は連戦連敗です(笑)。しかし、そんなことよりも、この結果に対し合理的な解釈が見つけられないことに私は参ってしまいました。

facebookページにも「分からない」「分からない」と連日書きこんでいたのですが、今日ある刺激的なニュースがブルームバーグに出ているのを見て、はっとなりました。それは、このニュースです。

英に再び「合意なきEU離脱」不安-移行期間延長しない法改正へ

ブルームバーグ

もしこのニュースが本当だとしたら、今のコンセンサスに反し、合意なき離脱は事実上決定的になると考えざるを得ないはずです。

ノースフェイス ゴアテックスハット NN41912 OL THE NORTH FACE GORE-TEX Hat

純粋に互いを想い合う喜びが詰まった私の理想的な在り方
カリマー(karrimor) macapa pants (Men's)

米英の中国人権問題プロパガンダ ~彼らにその資格はあるのか~

先週、トランプ大統領が 「香港人権・民主法案 」に署名しましたね。すると立て続けにポンペオ長官がウイグル族に関する内部文書に関して、中国の少数民族に対する人権弾圧について強い批判を行いました。

そして、オーストラリアにおいて中国共産党のスパイが内政干渉しているとのニュース、またフィリピンでは電力網を中国政府が支配しており、いつでも遮断できるとの内部文書のニュースまでありました。

中国共産党とはなんて恐ろしいんだ、まるで悪魔だ、私はこの見方に特に異を唱える気はありません。ただ一方でこうも言いたくなります。

米英さん、一体どの口がそんなこと言うんだ!?

MOUNTAIN HARDWEAR(マウンテンハードウェア) ギータイツ OM7732 2019-20モデル

メタルピースもBVLGARI独自のものを使ったのですが

債券バブルの崩壊は本当に世界経済の底打ちサインなのか?

世界の株式市場が好調ですね。NYダウは連日の史上最高値更新ですし、日経平均株価もつられて年初来高値を更新し、年末に向けて昨年来高値の24,400円を目指すと言う声も大きくなってきました。

株価上昇の理由は、局所的には米中の貿易交渉が合意に近づいていると言う期待、とされていますが、もっと大きく見ると世界景気が既に底打ちしたのではないか? こんな予測もささやかれているようです。

株式市場の他にも気になる動きをしているのが、債券相場です。株式が買われ債権が売られ始めた。これは景気回復局面の典型的な動きであり、明るい展望と言えなくもありません。しかし、私はちょっと違う見方をしています。今回は超真面目な話です(笑)。

続きを読む

『第三の男』などで知られる映画監督キャロル・リードの遺作ともなった『フォロー・ミー』は
改めてBVLGARIの魅力はどこにあるのでしょうか?

2020年、やっぱり北(南)朝鮮危機再開の予感

そろそろ北朝鮮危機が再開するのではないか、そんな記事を書いたのは今から2カ月ほど前の話です。ここ最近になって、やっぱりそれが本当になりそうな予感がプンプンし始めたので、この記事を書くことにいたしました。

それは、当ブログ的表現だとこうなります。「ロケットマン作戦」が再開される。

続きを読む

世にも奇妙なブレグジット物語2 ~総選挙はブレグジット党の勝利か~

29日、EUがイギリスのEU離脱期限延期を正式に承認しました。更に同日、イギリス議会は、12月12日に解散総選挙を行うことを決定しました。

これに対するマーケットのコンセンサスはこうです。

結果、保守党が勝利し、ジョンソンとEUの協定案が批准され「合意ありの離脱」が成立する。

これでみんなハッピー、めでたしめでたし~。

は? 3年も長々見させられた上で、こんなつまらない結末? おいおい、時間返せよ、お前ら。私は正直こう思いましたがいかがでしょう。

同じようなことを思った方のために私がもっと面白い終わりを描いて見せようと思います。それはもちろんフィクションなのですが、しかし、ここのそれはどういう訳か不思議と現実化してしまうことがあるのです。

続きを読む

邦題に“ロンドン”が入っているものはごくわずかでしたので
──ストリートとラグジュアリーの両方を熟知した視点をお持ちですが
私の好きなロンドンラブストーリーををお届けします

世にも奇妙なブレグジット物語 ~終幕は合意なき悲劇~

イギリスのEU離脱問題が佳境を迎えています。2週間前まで絶望視されていたジョンソン政権とEUの交渉ですが、見事に合意にこぎつけました。後はイギリス議会の承認を得るだけ、3年近くも世界を振り回したこの問題もとうとう終結か、そんな期待が駆け巡った矢先、またも奇妙なことが起こりました。

「合意なき離脱の阻止に保険をかける」という訳の分からない理由で、採決を延期する法案が可決され、19日中に行われるはずだった採決は中止されてしまいました。

これを受けてマーケットは大混乱かと思いきや、冷静そのもの。なぜなら、ジョンソン政権の合意案は、最終的には可決されるだろうという読みがコンセンサスになっているからです。

でも、ちょっと待ってくださいね。

今を見るだけではなく、3年に及ぶ「ブレグジットの歴史」を追ってみると、実に奇妙な物語がそこに描かれていることに気づかされるのです。それを読んでからもう一度考えてみても、そう遅くはなさそうです。

続きを読む

ソフトバンクG株暴落の序章? ~メディアに睨まれた者の運命~

互いの結婚観の違いによりやがてすれ違いが生まれる

ソフトバンクG株が安くなっています。自社株買いで上昇した分をすべて吐き出した格好です。その理由になったのが、ウィーワークを運営するウィーカンパニーへの出資の失敗です。

私が懸念しているのは、それではありません。元々投資は誰がやっても100パーセントの成功はあり得ないもので、大成功も大失敗もあって当然なのです。

では何が?と言うと、メディアの伝え方です。率直に言うとこれは、既に「潰しに来ている」やり方です。私はこれでやられてしまった有名人を何人も知っているのですが、彼らは皆、その評判をたった1年余りで天から地へと失墜させられていたのです。中には犯罪者になってしまった人すらもいます。

当然、株価も暴落です。

続きを読む

──多くのコラボプロジェクトを様々なジャンルで手がけられていると思いますが
BVLGARI側からスネークのモチーフを使って欲しいという具体的なリクエストがありました

米中ハイテク戦争、本当にアメリカの勝ち?

ストリートシックなディテールが目を引きます

気が付くと相場はとてもおとなしい動きとなっていますね。米中貿易協議の進展期待がその理由のようです。強硬派のボルトン補佐官の解任がトランプの対中姿勢の融和を生むのでは?と言う声もあるようです。

でもね、これは関係ありません。トランプ政権の対中戦略にとって、ボルトンは邪魔だから解任されただけです。

ボルトンが解任され、米朝関係、米イラン、米露関係は改善する可能性があります。ただ、米中対立は先鋭化するのです。

なぜなら、トランプ政権の根幹がまさにそれで、関係改善はそのための手段だからです。そして、対立軸の中でもハイテク領域での勝利は至上命題、決定的な意味を持つのです。

ケルティ(KELTY) ラウンドトップバッグM ROUND TOP BAG M 2592078 Navy ショルダーバッグ (Men's、Lady's)

見た目にも華やかな4種のハワイアンカクテルが登場する

プロ仕様!極厚バーベキュー鉄板!BBQ・アウトドアの必須アイテム。 ロゴス the ピラミッドTAKIBI M 専用グリルプレート 板厚4.5mm

もの自体がよく仕上がればいいなと思っているんです

9月のメジャーSQに向けて大幅な上昇を続けて来ましたが、そこを抜けても相場は堅調さを保っています。これはSQを抜けても海外投資家は、売買を転換してこなかったことを物語っています。

昨年初頭以来一貫して巨額の売り越しを続けてきた海外投資家は、既にリスクオフ取引を終了、買い転換したと言うのでしょうか。

いえ、私には全くそのようには思えません。昨年からの彼らの売り越し額はあの「リーマン・ショック」を超えていました。彼らがそれほどまでに恐れたもの、それはイギリスの「合理なき離脱」だと私は書いてきました。

その「合意なき離脱」が今年の10月末にも迫る状況は、解消されていません。暴落の危険は、むしろ迫っているのではないでしょうか?

続きを読む

完全にブランドからの提案を形にしたコレクションです
ハワイ有数の自然を誇るカウアイ島をイメージしたハワイアン カクテル(カクテル3種とノンアルコールカクテル1種)を提供する
──多くのコラボプロジェクトを様々なジャンルで手がけられていると思いますが